ハイヤーについてタクシーとの違いを知り上手く利用する

ハイヤーとは、VIPの送迎や役員の移動手段や官公庁への訪問やお得意様のゴルフ場送迎などに多く使われている、あんどんのない黒塗りの車両のことをあらわします。単なる移動手段としてだけではなく格式が重んじられる場面で利用されることが多く、一部の企業に関してはドライバーの氏名や車番を提供しないと入れない場合もあります。料金は時間制で、タクシーが乗車して降車するまでに走った距離と時間で決まるのに対してハイヤーは自社の車庫を出発してから車庫に戻るまでの時間によって決まります。支払方法に関しましてもタクシーとは異なり降車時にその場で支払うのではなく後日請求となり、降車時にその場で支払うといったことはありません。

また、タクシーの場合は手を挙げて乗車の意思表示をすることによって利用することができますが、ハイヤーの場合は完全予約制となり、サービスもきめ細やかで充実しています。ドアが自動ではなく運転手さんが開けてくれるあたりにもその細やかさがあらわれていると言うことができます。制服も高級感が溢れていますし、多くのドライバーの方がビジネスマナーを心得ている傾向にあります。タクシーと比較するとハイヤーの方が高級な乗り物だと言うことができます。運転技術が高いドライバーさんが多かったり頑丈な車種が使用されたりして、ハイヤーの運賃は高めに設定されています。しかしそれ以上にハイヤーにはさまざまなメリットがありますので多くのエグゼクティブ層に利用されています。

もちろんその他さまざまな用途でも利用されています。ハイヤーは時間で予め料金が決まりますので利用する人数によってはお得に利用することが可能なケースもあります。5時間の利用で30,000円前後だとすると4人で利用した場合1人7,000円前後になります。もちろん入場料や駐車場代は別料金にはなりますが、複数人で決められた時間内に観光名所を巡る場合、電車やバスをを乗り継ぐといったように公共機関を利用するよりも時間的にも短縮することができます。移動中はゆったりとした車内で休憩することもできますので無駄に疲れることがありません。そういったことからも考え方によってはお得だと言うことができます。

また、お客様に合わせたサービスを提供してくれます。観光で利用する場合も快適な空間で移動することができますし、ドライバーの方は知識が豊富なことからいろいろと教えてもらえることもあるでしょう。旅の思い出をより一層豊かなものにしてくれますので、人数がまとまっている場合などは観光でのご利用もひとつの方法だと言えます。他にも、ハイヤーのシートは大型で上質なタイプが多く、長時間乗っていても疲れることがありません。移動をより一層快適なものにすることができますのでおススメです。観光地によっては10人近い人数でも一度に乗車することが可能な大型のハイヤーもありますし、運転手さんがガイドしてくれるケースもありますので問い合わせてみましょう。

ハイヤーには雇用という意味もあることから、一定の時間運転手と車を雇ったというイメージになります。タクシーよりも少し割高にはなりますが、人数によってはそうとも言えないケースもあります。高級車できめ細やかなサービスを受けながら観光をするというのも良き思い出になるのではないでしょうか。多くの場合VIPや役員の送迎に使われますので個人で利用するということはそれほどありませんが、上手く利用してみてはいかがでしょうか。さまざまな点でタクシーとは異なりますし、身近な乗り物ではありませんが、人数によってはお得に利用することもできるということを頭に入れておきましょう。

新着情報

2018年09月10日
ホームページを更新しました。