ビジネスでの移動手段にハイヤーを

普段ビジネスの重要な会合や送迎の時の移動手段はどのようにしているでしょうか。特に重役の方の送迎や大切なゲストの方の案内には気を遣うものです。大企業や官公庁となると、送迎のために雇われたドライバーが運転する黒塗りの車がずらりと建物の周囲に並ぶことがあります。こうした車両のことをハイヤーと呼びます。ビジネスで重要な方の送迎を行うときにハイヤーを利用するメリットについて紹介します。

車を使った移動手段というと、自家用車もしくはタクシーを考える人は多いかと思います。しかし、ビジネスでの送迎の場合、状況によっては自家用車や社用車では失礼にあたることもあります。タクシーも便利ではありますが、時間帯やタイミングなどによってはつかまらないこともあるでしょう。例えば、視察や他社への訪問の予定がみっちり詰まっている場合には、少しでも早く移動手段を見つけなければいけませんが、いくら待っていてもタクシーを拾うことができなければ、大切なアポイントに間に合わなくなってしまう可能性が出てきます。また、郊外に出向く場合には公共交通機関が不便なことが多いだけでなく、タクシーを周辺で拾えないことも考えられます。その点ハイヤーは車両と運転手を決まった時間で雇う、完全予約制のシステムになっているため、予約してしまえば移動手段について悩まされることはありません。ドライバーはアポイントが終わるまで待機しているので、次々と予定が入っているような日は、タクシーをつかまえるよりも効率よく移動することができて便利です。

ハイヤーを利用する場合には、海外からのゲストを招いた時には英語などの外国語が堪能なドライバーを手配してもらうこともできます。厳しい社内研修や資格取得によって英語力の高い社員を抱えている会社も多いので、外国人の方を招く際にはこうした要望が叶えられるかどうか、事前に問い合わせてみることをお勧めします。

グループなどの少人数で行動するという時には、バンタイプの車両で送迎可能なところもあります。車種が選べる会社もあるので利用用途や人数などによって種類を使い分けてみるとよいでしょう。手配をするには、まずホームページのフォームや電話で問い合わせをします。その際に見積もりしてもらいこともできます。時期や時間帯によっては混み合うこともあるので、余裕を持って手配すると安心です。より快適で安全に移動ができ、心地よい空間を提供してくれるハイヤーを、ビジネスでの移動手段として取り入れてみてはいかがでしょうか。