ハイヤーはどんな車で、どんなサービスがあるのか

ハイヤーと聞くと、黒塗りの高級車というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。実は、これは車の車種ではなく予約されて貸切で運転しているタクシーのような車のことを指します。地方都市では主に年配の方がタクシーのこともそう呼ぶことがあります。タクシーは、電話で予約する他、道路を走っているところを乗車する人が呼び止めたり、駅前のロータリーに停車しているところに行き乗車の意志を示してから利用するのが一般的です。一方のハイヤーは、完全予約制で貸切です。普段はあまり馴染みがないという方に、ハイヤーの利用法について紹介します。

ハイヤーの見た目は黒塗りの高級車です。タクシーのように屋根の上に屋上灯がないので、一見すると普通の車に見えます。車種は様々ですが、タクシーでいう中型車以上の大きさを持つ国内外の車を利用しているところが多いです。他にも9人乗りタイプのバンなどを用意している会社もあるので、利用用途や人数によって車種を使い分けるとよいでしょう。

ハイヤーの利用方としてまず挙げられるのが、会社の役員など重要なポストについている人や官公庁に勤めている人の通勤や移動に利用する方法です。こうした人たちが安全に移動できるよう、運転手にもきちんとした審査があり、車もドライバーも固定にして専属で雇う場合もあります。ハイヤーとは元は英語で賃貸といった意味があり、ドライバーはゲストによって雇われた人にあたります。また、安全性だけでなく快適さも必要なため、ドライバーは様々な社員研修や教育を受けています。お客様に対するホスピタリティやサービスという点においては、目的地までタクシーよりも快適に過ごすことができます。

海外からのお客様を招いたときの送迎にも便利です。各会社によって外国語堪能なドライバーを揃えているところもあります。日本語や日本の交通事情に不慣れな外国人の方が移動時間を快適に過ごす手段として利用することができます。

しかし、タクシーよりも値段が高そう、普段仕事でもハイヤーを使うような機会があまりないという人もいるかと思います。そういう人は記念日などに利用してみるのも方法の一つです。特別な1日を快適で気持ちよく過ごすためのプランとして、移動手段に利用したり、中には観光案内のプランを持っている会社もあります。手配する方法はホームページなどに記載されているので、まずは問い合わせや見積もりをしてもらうと、具体的なイメージが分かります。初めての人でも安心して利用できるでしょう。